menu

company name

top/magazine

event life-style

2020/04/03

【Life style magazine】M様邸×rupo

2019年6月にお引渡しをさせていただいたMさま。

とてもおしゃれなご家族で、お家のインテリアもカッコよく仕上がっていました。

-『rupo』を建てたきっかけを教えてください。

 

旦那さん:家を建てようと決めた時から、自分たちが想像しているような家を建ててくれる建築会社を探していました。そんな中で、職場の上司が『はなおか』さんを紹介してくれました。一番はじめに「こんな家を建てたい」と手描きの図面を描いて持っていったら、それが『rupo』そのままで。真四角の家に三角形のポーチ…まさに僕達が思い描いていた家だったんです(笑)。「もうじゃあ、『rupo』を建てよう」と、はなおかさんでお願いすることを決心しました。もちろん、お願いしようと決めたのはそれだけが理由じゃなく。担当してくださった営業の方の存在もすごく大きかったです。同い年なので共通点も多く、感覚的に合っていて、やりたいことを伝えたらすんなりと伝わるところも良かったです。

 

-家づくりの中でこだわった部分を教えてください。

 

旦那さん:間取りにはこだわりました。「こんな場合にはどんな動線になるかな?」と何度も何度も頭の中で生活のシミュレーションしました。回遊性のある間取りで、家の真ん中に広めのWICをとり、モノをできるだけ収納してLDKをすっきりと見せるように考えました。あとは、玄関の広い土間やデコ窓ですね。デコ窓はどうしてもやりたくて…でも、実際どうなるかな、と思ったんですが、(デコ窓をつけることで)リビング側も玄関側も圧迫感のない空間になりました。

 

奥さん:私はキッチンの配置ですね。LDKがあまり広くなく、対面キッチンにするより壁付けにしたほうが広く空間をとれるので、今の形になりました。また、食器棚や冷蔵庫などはキッチンの裏にあるパントリーに全て収納して、できるだけ生活感を見せないようにしました。

 

-実際住んでみていかがですか?

 

旦那さん:何度もシミュレーションしたかいあって、動線がすごくいいです。 あと、最新の設備がそろっているので、快適に暮らせています。見た目も大切だけど、暮らしやすさとは別モノ。何度も考えて自分たちの生活に合った間取りにアレンジしてよかったです。

 

奥さん:以前住んでいたアパートは、日当たりが悪くて湿気も多くて…。でも、今は日当たりも良く、家事がしやすくなって住み心地抜群です。お友達と遊ぶときも、我が家に集まるようになりました。

 

旦那さん:庭も車が最低3台駐車できるスペースを確保してもらっています。たまに、仲の良いご近所さんや友人、家族を招いてバーベキューをしたり…。新しい家になって、以前より生活が愉しくなりました。

 

オススメ記事

JOYS
徳島県板野郡北島町鯛浜字西ノ須162-9
TEL 088-698-1114